「お知らせ」のページへ






 世話人会等(H23/12以前) |世話人会等(H24/1以降) 行 事  
 同期生活動H25年度報告   同期生活動H27年度報告   
 同期生活動H28年度報告    

                
拡大世話人会等

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H28/7 拡大世話人会
●平成28.7.27(水):12:00 ~ 15:00 ●出席者 今村、梶、塩田、井上
●於・偕行社3F談話室

★同期生の健康状況(H28度返信回答による)
 ・問い合わせ発信 61名  ・回答 51名
 ・返信なし:10名
 「参考:前年度 発信72名 回答52名 返信なし15名」 
 ・健康状態

健康状態

該当数

健康状態

該当数

概ね健康

17

認知症

一病息災

14

入院・入所

体力落ち

家族の介護

多 病

返信珍しい

3*

歩行不自由

返信代理

歩行困難

逝 去

1**

重篤な持病

 

 

備考:該当はいくつでも  *小木、栗原、野末  **小川
          この返信の後、田村博男君逝去H28.5.264 逝去1→2

 熊本地震に遭った稲田君(熊本在住)回答要旨:
 1.H16年以降健康を損ね、一時重病にかかったが幸い一命を取り止める。その後歩行障害を来し、現在杖をついて300m程度あるけるようになった。
 2.近時親友たちの訃報が続き寂しい限り
 3.五月初旬の熊本大地震で病院、住宅の一部破損、徐々に修理・復元中。

 ★同期生現状(平成28年5月26日現在)
 入校:180名    現在確認数(連絡の取れる者):60名
 物故者数(判明している者):110名
 消息不明:8名 (有井、飯田、大塚、高橋満、野本、増田岬、町田、渡邊和)
 最近消息不明:2名 (堀之内、川井)
 一方通行:0名

★偕行社関係

●評議員会 H28.6.11(土)15:00~
 副理事長冨沢暉氏 理事長へ (志摩 篤 理事長→会長)
 新しく理事に原田太郎(陸士61)、吉橋 誠(陸自65B、現評議員)の両氏を専任。
 森繁弘評議員会議長 任期満了→再任

 その他 事業報告、計算書報告など
●名幼47期会員名簿(原簿)の状況
 同期生逝去時は会員であったか否かは問わず連絡が欲しい。偕行社事務局 大澤正幸氏
 原簿の補完記録(当方の死去記録)を提出

 H28.4.13現在 名幼47期偕行社会員21名  (過去最大時75名)

★六幼連絡会 H28.6.22(水)12:00~ 
 冨沢新理事長挨拶。連絡会メンバーの自己紹介。
 各校、各期の模様。名幼47期は物故2/3、健康状況等を前回に調査に基づいて披露。
 各同期生会の終末、ひいては六幼連絡会の終末をどのように考えるか、そろそろ考える必 要ありと提言した。 


★今年の「同期生秋の集い」

今春同期生の状況を調査した結果
・昨年に比べ物故者が急速に増えている 
・健康はあるいは身体に支障のある者が急速に増えている

などを考慮すると年を経るごとに同期生の会合の開催が困難になることが予想できる。

 状況によっては今年が同期生会の会合開催となる可能性も想定できるので、現時点では一応「秋の集い」を下記の通り開催するものとして、単独あるいは同伴ならば出席可能と思われる諸兄の意向を、主だった同期生から、聴取のうえ計画を策定することにした。
 暫定 開催日時:H28.10.21金)  場所:偕行社会議室

★次回の拡大大世話人会  H28.8.30(火) 12:00~  偕行社

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H28/4 拡大世話人会
●平成28.4.13(水):12:00 ~ 15:00 ●出席者 今村、梶、塩田、井上
●於・偕行社3F談話室


平成27年度の会務
同期生一同へ報告する平成27年度の会務報告案
 (平成27年度の記録)の協議(主な事項は下記の通り)
・同期生の現状 連絡の取れる者:59名 逝去者:108名
・本年度逝去者 浅野、榊、大道、野村、中原、若月、原田、近藤、萩田
 (一部H26年度逝去者を含む)
 最近急に連絡不能となる者が発生し憂慮している
・同期生会費H27年度報告
       預 金  現 金  増  減
     前年度より繰越 921,422   891.271  30,151  
   次年度へ繰越  808,160  769,239  38,921  △113,262
 約10万円強減少(うち慶弔費8万円が主な支出)で、平成28年度も会費は徴収しないことにする

・唯一の行事「秋の集い」は10/22に偕行社で開催。参加者14名(西宮生徒監、井上、今村、上之門、梶、後藤、塩田、鈴木夫妻、前川夫人、増岡夫人、山本)
・拡大世話人会の開催 6回

・偕行社関係行事 総会、月例参拝への参加 等
●今年度の「秋の集い」は10月の終わりの週(10/24~29)を開催目標として計画する。
●ここで協議した「平成27年度の記録」は同期生へ送付する。その際、近況報告を依頼するが、特に連絡不能にならない様緊急時は、世話人あるいは平素連絡している同期生へ一報するよう申し添える。

●次回 7月27日(水)12:00 偕行社
ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H27/9 拡大世話人会 
●平成27.9.30(水):15:30(定例参拝後) ~ 17:00
●出席者 世話人:今村、梶、塩田  
●於・偕行社3F談話室

◎「秋の同期生会の実施計画」
開催日:10月22日(木)12:00~14:00 で計画中の「秋の集い」の準備状況
・首都圏を重点的に約40名に案内し、34名から返答があり、出席は(同伴2名、未亡人2名を含め)15名程度の見込み
・会費の見直し、座席配置など実施に必要な事項を検討した。
・返答の中で 中原安治君の訃報が含まれ、別に若月勲君の訃報が齎された



☆H27/7 拡大世話人会 
●平成27.7.16(木):12:00 ~ 14:00
●出席者 世話人:今村、梶、塩田  同期生:井上、山本
●於・偕行社3F談話室

1.同期生会
①同期生遺族の状況
 前回は連絡可能の同期生に、世話人交代・同期生の現況問い合わせなどの通知を出したが、7月上旬遺族(平成20年逝去以降)30名に世話人交代の通知を出した(夫人名不明は47期生写真集記載の名を利用)。その結果「あて先に見当たらず」で返送されたもの4名。H20以前逝逝去者も夫人等で以前コンタクトあった向きへの連絡もさらに考慮する。
 この結果、本人、遺族共に連絡先不明者が急速に増えて行く傾向が窺える。
②秋の同期生会の相談
・開催日:10月22日(木)12:00~14:00 
・場 所:偕行社会議室(本日予約済) 
・手続き:案内8/末、申し込締切9/末 
・会費:本人 4,000円 同伴夫人等3,000円 郵便振込票により振り込み(申し込を兼ねる)
・案内先:首都圏在住者を主に案内。名古屋、関西、九州の中心的同期生にも相談する      
2.定例参拝 9/30

◎次回の拡大世話人会
 H27.9.30 (靖国定例参拝後)
☆H28/1 拡大世話人会
●平成28.1.20(水):15:30(定例参拝後) ~ 17:00
●出席者 今村、梶、塩田、山本  
●於・偕行社3F談話室

1.同期生の状況
●H27年中に逝去した(判明分を含む)同期生

     逝 去 者    遺 族    連 絡
        1.  大道 文夫 H27.1.10     子 息     子息より
   2.  榊  龍雄 H27.2.9    夫 人     夫人より
   3.  野村  亨 H27.6.5    子 息     子息より
   4.  中原 安治 H27.7.15     夫 人      夫人より
   5.  若月  勲 H27.8.4    子 息     子息より
   6.  原田 茂郎 H27.10.17    夫 人    佐武君より
   7.  近藤 高年 H27.12.07    夫 人     後藤君より 
   8.  浅野 克孝 H26.3.8    夫 人     夫人より
●同期生費会計状況(概計)
        H27.4以降 万円
     通信費     2.8
   慶弔費    8.0
   消耗品費    1.5
   印刷費   1.0
   計   13.3

2.偕行社
●臨時評議員会 H27.12.22(火)
・理事、評議員の選任(六幼関係) →可決
 理事:藤木 俊一 熊47(松葉 明  東47後任)
 評議員:桑 昌利  仙49(小林 敏久  仙49後任)
・旧弘前偕行社(第八師団)(学校法人弘前厚生学院管理)保存修理の支援
 建物と庭園が一体となって原型に近い形で残されている唯一のもので、国の重要文化財。
国庫補助を受けて保存修理を行っているが、不足額を広く寄付を求めている。
ついては偕行社として 1千万円を寄付したので協議する →可決
それ以外に会員各員、各同期生会にも寄付を求めることとする


3.次回
4月13日(水) 12:00
同期生会H27年度会計、今後の同期生会の進め方、同期生の現状の把握方法 特に終結の時期、その判断条件等を協議


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H27/9 拡大世話人会 
●平成27.9.30(水):15:30(定例参拝後) ~ 17:00
●出席者 世話人:今村、梶、塩田  
●於・偕行社3F談話室

◎「秋の同期生会の実施計画」
開催日:10月22日(木)12:00~14:00 で計画中の「秋の集い」の準備状況
・首都圏を重点的に約40名に案内し、34名から返答があり、出席は(同伴2名、未亡人2名を含め)15名程度の見込み
・会費の見直し、座席配置など実施に必要な事項を検討した。
・返答の中で 中原安治君の訃報が含まれ、別に若月勲君の訃報が齎された



ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H27/7 拡大世話人会 
●平成27.7.16(木):12:00 ~ 14:00
●出席者 世話人:今村、梶、塩田  同期生:井上、山本
●於・偕行社3F談話室

1.同期生会
①同期生遺族の状況
 前回は連絡可能の同期生に、世話人交代・同期生の現況問い合わせなどの通知を出したが、7月上旬遺族(平成20年逝去以降)30名に世話人交代の通知を出した(夫人名不明は47期生写真集記載の名を利用)。その結果「あて先に見当たらず」で返送されたもの4名。H20以前逝逝去者も夫人等で以前コンタクトあった向きへの連絡もさらに考慮する。
 この結果、本人、遺族共に連絡先不明者が急速に増えて行く傾向が窺える。
②秋の同期生会の相談
・開催日:10月22日(木)12:00~14:00 
・場 所:偕行社会議室(本日予約済) 
・手続き:案内8/末、申し込締切9/末 
・会費:本人 4,000円 同伴夫人等3,000円 郵便振込票により振り込み(申し込を兼ねる)
・案内先:首都圏在住者を主に案内。名古屋、関西、九州の中心的同期生にも相談する      
2.定例参拝 9/30

◎次回の拡大世話人会
 H27.9.30 (靖国定例参拝後)


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H27/6 拡大世話人会 
●平成27.6.17(水):15:30 ~ 17:00
●出席者 世話人:今村、梶、塩田  同期生:井上、
山本
●於・偕行社3F談話室

◎同期生会の状況
榊龍雄代表世話人逝去に伴い、前回今後の同期生会の運用について協議し、体制を取り決めたが、その結果を同期生に通知し、それについて了承を求めると共に、併せて同期生の健康状況などの返信を求めた。その結果の概要は以下の通り。

①永年の亘る榊前代表世話人に対して謝意を冥福を祈るという思いに溢れている。
②同期生会の運営の体制と方針については、おおむね了承
③会員の現況
 ・連絡可能の71名に対して通知を出したが6/15現在で返信のあったものは..52名、
  回答のない者 ...19名。
 ・80代半ばを超えた会員の状況(特に健康状態)は残念ながら悲観的

元 気 ・・・・・    8
 若干の支障はあるが元気・・    7
 一病息災・・・・    7
 やや支障・・・・    3
 多病だがまずまず・・    13
 介護レベル3、施設入り、入院    11
 計    49

→連絡網もこの状況を勘案して大幅に変更・改訂を要すると思われる。
◎6/17 定例参拝  梶、塩田、井上、山本 4名
◎秋の同期生会の計画 準備会→7/16(木) 開催期日→10/21(水) として準備を進める

◎次回の拡大世話人会
H27.9 靖国定例参拝後


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H27/3 拡大世話人会 
●平成27.3.18(水):12:00 ~ 14:00
●出席者 世話人:今村、梶  同期生:井上、塩田
山本
●於・偕行社3F談話室

◎今後の同期生会の運用
榊龍雄代表世話人逝去に伴う同期生会の運用について協議した。その結果当面下記のように決めた。

「今後の同期生会の運営」
1.会の運営は簡略にし、当面3年程度の運営を想定する。
2.会員の消息、健康状態の把握に配慮する。
3.平成27年度の年会費は徴収しない。次年度以降は会費積立残高(約90万円)と今後の推移を十分見極めて決める。
4. 世話人は 塩田 幸太郎(1訓)、今村 耕一(2訓)、梶 外美男(3訓)とし、今村が代表を務める。
「主な担務」
 今村:代表、同期生に関する情報の纏め・連絡、ホームページの維持・管理
 梶:会計、偕行社との連絡
 塩田:会務全般の支援
5.連絡網の整備
・従来の連絡網は逝去者も増え実態に即さなくなっているので早急に整備する。なるべく連絡の負担が平均し、軽くなるよう、また体調等を配慮し、地域の枠に拘らず整備する。また消息不明者は連絡網から削除する(ただし確報があるまでは同期生名簿からは削除しない)。
・連絡の要点にある者は周辺の同期生の動静に留意されたい。
6.拡大世話人会等の開催
 ・拡大世話人会:3か月に1回程度開催
 ・同期生会:年1回程度。時候の快適な春または秋(今後検討)
7.その他
・六幼連絡会の名幼47期メンバーは今村が務める。
・偕行社役員:榊君が務めていた評議員は、3/19開催の六幼連絡会において、各校・各期の偕行社、六幼などの振り合い上是非引き続き名幼47期から参加を強く勧められ、今村がメンバーに指名され偕行社に推薦されることになった。
・自衛隊板妻連隊の名幼会の関係は、「終了」として措置する
・橘神社関係は名幼会の一環と考え、板妻と同じ扱いとする

「参考」
・平成26年以降の物故者
  横山 房郎(H26.01.04)、松岡 昭典(H26.01.28)、
  吉岡 英治(H26.02.02)、渋谷 亮治(H26.02.05)、
  青田 辰巳(H26.03.17)、山口  晴(H26.07.26)、
  山本 良次(H26.08.16)、福地 良輔(H26.10.12)、
  榊  龍雄(H27.02.09)          以上9名
・連絡網を通じた訃報の流し方:(従来方針の再確認)
会員他界に際しての連絡は、通夜、告別式等の事前連絡があった場合は連絡する。家族葬、密葬などで事後に連絡があった場合は原則として連絡しない。他日、同期生便り等で纏めて報告する(ただし弔意金は判明した時点で贈呈する)。

◎次回の拡大世話人会
H27.6.17(水) 靖国定例参拝後


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H26/9 拡大世話人会 
●平成26.9.25(水):12:00 ~ 15:00
●出席者 世話人:今村、梶  同期生:井上、塩田
●於・偕行社3F談話室

1.同期生の動向
平成26年1月以降の物故者:7名
横山房郎 H26.01.04 松岡昭典 H26.01.28  吉岡英治 H26.02.02
渋谷亮治 H26.02.05 青田辰巳 H26.03.17  山口 晴 H26.07.26
山本良次 H26.08.16
これ以外にも連絡がない物故者もあるのではないか?

2.同期生秋の集い10/21
9/25現在出席表明者19名(うち夫人2名)。せめて20名の規模にしたい。もう一度案内をするなど要工夫。西宮生徒監はご出席。本人あるいは夫人の体調不良などで今回は出席できない旨連絡のあった向き多い。
会場の偕行社は予約済み。

3.偕行社総会10/10
現在出席予定者:榊、梶、塩田、今村、後藤(愛知偕行社会長)。
偕行誌の案内に記載はないが、西宮生徒監の「万葉集」についての講演がある模様。

4.その他
「仙幼48期ホームページ」がH26.9.12付で閉鎖(<仙幼48期便り>だけは縮小版で継続、了解を得て名幼47期HPよりリンクを張った:関連サイト)。KD関係ホームページが次第に閉鎖され寂しくなった。わが「名幼47期ホームページ」は最近ニュースが減り記載対象も少なくなって寂しくなったが、当面頑張って継続してゆきたい。



ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H26/7 拡大世話人会 
●平26.7.16(水):(定例参拝終了後)15:30 ~ 17:00  
●出席者 世話人:野村、今村、梶  同期生:井上、山本
●於・偕行社3F談話室
1.会務
◎定例参拝参加者:井上、梶、山本
◎夏のつどい
 恒例の「夏の集い」は、高齢化と夏の酷暑を避けることを考慮して、8月27日の復員記念の日を避けることを以前決めたが、この扱いを検討し決めた。
・1月の新年懇親会と近い難があるが、秋に開催する。呼称:秋の集い
・今年は10月21日(火) 12時~15時 偕行社
・この計画でで偕行社会議室を予約する
◎西宮生徒監寄稿の(偕行H26.7-8)「陸軍と軍旗」を47期ホームページに掲載
◎六幼連絡会への参加
 次回の六幼連絡会は9月19日(金)15:00 に開催の予定であるが、榊委員欠席の場合は名幼47期も代理を出して欲しいと、たまたま定例参拝終了後偕行社談話室に居合わせた東幼47期松葉委員より依頼があった。 

2.同期生の動向など
・若月:体調を崩している模様(詳細不明)
・義江生徒監夫人美穂子様:先日塩田君夫妻絵画出展の以心会展示会に、雨中にも拘らず元気にご来場になったが、美々卯における歓談の際、47期ホームページのこととお話しておいた。帰宅後2Fにお住いの次男さんにホームページを開いて貰って閲覧し、若き日の義江生徒監の英姿に接し大変懐かしく嬉しかったと梶君あてに礼状があった
・梶君:自衛隊富士学校創立60周年記念日式典等の見学
 H26.7.6に開催された富士学校の記念日に開催された式典、観閲行進、訓練展示等を見学した。多数の戦車、自走・牽引火砲、装甲車に搭乗した普通科部隊などのスピード感に溢れた観閲式に驚き、さらにヘリも加わった火砲の発射(空砲)訓練展示に感動した。

3.その他 

・8月の拡大世話人会は酷暑を避け休会とする


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

☆H26/5 拡大世話人会       

●平成26.5.27(火):12:00 ~ 15:00
●出席者 世話人:野村、今村、梶  同期生:井上、上之門
●於・偕行社3F談話室

1.会務について
◎同期現況 *H26.02.05 現在
・入校時:180名(昭和18年4月)
・現在現在確認数(連絡の取れる者):73名
・物故者数(判明している者):95名
・消息不明:6名(大塚、高橋満、町田、野本、増田岬、渡邊和)
・一方通行:6名(青田、浅野、有井、飯田、小木、野末)
◎26年度会費納入状況:5/27日現在 63名。
 なおここ暫く消息が途絶えている(未納)
 財津、中川、若月の諸君が気掛り
 ※ 会費 残高(5/27)985,497円  

2. 同期生動向
・川人君:愛媛偕行会会報・石鉄会報「剛健」に“自衛隊に想う”を寄稿など活躍
・大石君:“同期だより”に対し不自由な手で礼状。
・若月君  昨年の会費も未納で以降音沙汰なし
・渋谷君  渋谷工業社葬:追悼 (関係記事:渋谷工業社内報)
・渋谷君、吉岡君逝去に伴い同期生会からの弔意に対し両家からお礼の品(本日の出席者などへ配布) 

3. 本年度同期会行事
◎夏の集い(恒例)
 8/27日という暑い最中を避け、時候の良い秋季などにすることを以前の世話人会で取り決めたが、具体的に本年の集いをそろそろ企画着手が必要。共に老齢、足・腰、体調など考慮して 場所、時期など(特に場所)選定検討することとする
◎他の行事など 新年懇親会など
◎今後の「世話人会・拡大」の運営
 在京同期交流の場でもあり、定着しているので今後も続けるのが好ましいが、回数などは要検討

4. 六幼会、偕行社行事 参加について
◎六幼連絡会  6/19(木)
 6/14の定時評議員会報告他、今回の会運営など。総括当番は東幼(松葉氏)。
次回9月は名幼が総括当番
◎偕行社定時評議員会  6/14(土) 
◎偕行社・講演会  -参考―  聴講歓迎
・5/30(金) 現近代史研究会  14:00~16:00  偕行社3F
 「日中戦争と中共軍について」―蘆溝橋事件を中心に
・5/31 (土) 特別講演会     13:00~16:30  偕行社3F
 「我が国の核武装に関わる技術的可能性」
・6/26(木) 安全保障研究会   14:00~16:30  偕行社3F
 「対北朝鮮を考慮した日韓関係」  福山 隆  元西部方面総監部幕僚長

5. その他

・次回:6月は中止。7/16(水)の靖国等定例参拝後とする。
・6/12(水) 塩田君参加の「以心会」の絵画展を有志で参観する。
 義江生徒監夫人も参加される予定。
 場所:ギャラリーくぼた(2F)東京都中央区京橋2-7-11(メトロ・京橋)

                                    以上


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H26/3 拡大世話人会
  ●予定の3/19拡大世話人会は中止
  ●H25年度同期生会会計報告

   (整理の都合上3/20で計理、3/21~3/31はH26にて計理する)
   
       単位:千円 
 収入の部          支出の部  
 前期繰越金**    1,180    会費振込手数料
 年会費  118    経常支出*  237
 利息・余剰金    臨時(随想集)  74
       旧名幼会支出**  26
       次期繰越 958
 合 計 1,302     合 計 1,302
*通信費80、印刷費22、慶弔費(9名)103など    


    **旧名幼会特別会計    単位:千円
 収入の部    支出の部
 前期繰越金   37      支出(橘祭等)  26
       次期繰越  11
 合 計 37    合 計 37
         

☆H26/2 臨時拡大世話人会
●平成26年2月7日(金) 12:00 偕行社3F 談話室(改装移転後2F→3F)
●出席者:井上、今村、梶、塩田、増岡
●於・偕行社3F談話室
●議題:榊代表世話人不在に対応する当面の善後策
 ・3/19六幼連絡会:急病につき欠席を連絡する。今後は別途協議
 ・偕行社関係(評議員会3/15、財務委員会2/15・3/13)は本人より偕行社あて
  欠席を連絡
 ・3/19の月例参拝は取り敢えず 梶、井上、塩田(その他?)で計画
 (時期までに偕行社へ梶より連絡)

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

☆H25/12 拡大世話人会 
●平成25年12月18日(水)
(月例参拝後)15301630
●出席者  5名  (世話人)榊、野村、梶 (同期生)上之門、塩田
●於・偕行社2F談話室

生憎の雪模様の天候のため、帰路の交通事情を考慮し、審議事項もないので報告事項も簡潔に留めた。 

1.会務
○秋の同期生会(入校70年・記念同期生会)総括
観武䑓訪問はもとより、空自・小牧基地訪問は好評であった。行事、会計状況は参加者各位にご報告済み。ただ、寸前になって 井上、福冨、松本の諸君が、急病のため不参加となり残念であった。
会計状況…当初若干の支出超過が予測されたが、ほぼ収支均等で締めることができた。
申し込者で直前になって病気等で不参加の諸兄に対する事前払い込みの宿泊料の扱いは、キャンセル申し出の時期的余裕に応じて、返戻、返戻不能の差が出た。ただし返戻不能者に対しては後日見舞金の形で対応した。
○H26年新年同期生会について
申込は現在6名で極めて低調、追々申込あると思われる。20人は確保したい。

2.同期生動向
○逝去
・釜井昭正君 H25.11.15 動脈瘤不全 葬儀に野村君列席
・小松國男君 H25.11.15 急性心不全
○秋の同期生会に急遽不参加の3君の状況
井上君:12/10退院
福冨君:高血圧収まった
松本君:腸管から出血、現在治療中
○他の諸兄の状況
堀之内君:施設に入居(福岡:小幡君よりの情報)
・恒吉君:音信なし。入院中か?
・川井君:音信なし。ただし「偕行」誌:俳句教室に投句、健吟の模様
・萩田君:心臓手術後、順調だったが、7/22に2度目の心臓動脈手術で2つ目のステントを入れ順調に鼓動している模様
・松岡君:「肺性心」で療養のため高齢者施設(12/14介護住宅)へ転居))。

3.一般行事

○偕行社評議員の改選について (六幼連絡会報告参照)
H26.6の改選に向けて、偕行社では公益法人としての評議員の構成ににつき検討中。幼年校期としては同改選に向けて「あと4年は現6名体制を堅持したい」旨の考えを働きかける。
○臨時評議員会 12/19  社屋改修特別会計について審議、全員賛成で可決された。
○偕行社賀詞交換会予定 25.1.8. 15:00~

打合せ後予定の忘年会は、予報で雪模様の帰路の天候を考慮し、極めて簡単な懇親会として、17:30散会。


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ


☆H25/10 拡大世話人会 
●平成25年10月15日(火) 

●出席者  4名  (世話人)榊、野村、今村、梶 
●於・偕行社2F談話室 12:00~15:00
1.会務 
・六幼連絡会模様 9/20
・偕行社総会模様 10/11
 榊、後藤(愛知偕行会会長として)出席。岩田清文陸上幕僚長(本年8月就任)の講演
・45期安田さんより「45期生会誌報「梓弓」No.47(最終版)の寄贈があった。
         
2.同期生関係
○同期生会・大会について 最終実行案の検討
・実施日:11月11日(月)~12日(火) 於:名古屋地区(観武台 、犬山ホテル、小牧航空自衛隊等)
・参加者最終人数:宿泊27(内夫人4)、第1日のみ参加2(懇親会まで参加1、バス行動時参加のみ1)
・警察学校、航空自衛隊の双方へ見学申請書を名簿を添付して提出済み
 
・和室、洋室等の部屋割り、分担の概略などを取り決め。
 宴会等の席は希望通り椅子席でセット

3.その他
・11月拡大世話人会は同期生総会開催後日が浅いので中止 
・12月は本来12/17(火)であるが、翌12/18(水)が靖国等定例参拝日であるので、参拝後開催とする。


☆H25/9 拡大世話人会 
●平成25年9月14日(水) 

●出席者  5名  (世話人)榊、野村、梶 (同期生)上之門、増岡
●於・偕行社2F談話室 12:00~15:00

1.会務 
 48期[純直]80号(松永君編集)を入手。今秋11/6-7九州湯布院に旅行を計画

         
2.同期生関係

・随想集「歩み」:内容的にプライバシーに関することが多いので配布は生徒監、
期生 と遺族に限定。遺族より礼状が多く寄せられている。事務終了。
・同期生会・大会について
11月11日(月)~12日(火)実施の名古屋大会は9/17現在参加申し込み者は
21名で今後増えて25~30の間の見込みである。夕刻の宴会等は椅子席の方がよいとの意見有りホテルへ依頼するなど改善案があれば考慮する。
・同台アートクラブ展 9/5~9/10  梶君出展 
9/6に鑑賞・激励のため有志で参会(詳細) 

3.その他行事について 
・板妻駐屯地「橘祭」  8/31(土)
43期・古澤、佐川、齋藤、49期・仲野の各氏、47期・榊が参加     
・9/18(水) 慰霊祭 市ヶ谷駐屯地メモリアルゾーン 名幼会関係の参加者はなし

・9/20 六幼連絡会
・10/11偕行社総会 11:00~15:00  於・アルカディア市ヶ谷
 参加者希望者は夫々郵便振込で申込。
・10/30~11/2 偕行社文化祭 出展依頼が世話人宛に来ている

4.その他
 ・10月定例世話人会 10/15(火) 12:00より

 
 

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

☆H25/8 拡大世話人会
 
●平成25年8月14日(水) 
●出席者  5名
(世話人)榊、野村、梶  
(同期生)井上、山本
●於・偕行社2F談話室 15:00~16:00

―偶数期・幼47期月例参拝(井上、梶、榊 野村、山本の5名参加)後開催―

1.会務・同期生動向
 (1)会務 
  ①入校70年記念随想集「歩み」発行費
   印刷・製本費  62,109円(110部)  発送メール便代 6,640円  
   計 68,749円……同期生会費から支出
  ②同期生会費残高  1,240,021円
   年会費収入の減少もあるが、極力還元を諮りたい。
 (2)同期生動向
  ・新井君 脊髄梗塞で入院加療し、現在養子夫婦の近くのリハビリ施設で療養
  ・恒吉君 ガン闘病中
  ・田村博男君 都内マンションに転居
         
2.同期生行事
 ①随想集「歩み」:7月末同期生83名に発送。  
  ・寄稿なし、連絡一方通行者(青田、小木)にも送付。
  ・反応:齋藤夫人、西宮さん、大石、池谷、浅井各氏等から礼状メール等あり
  ・配付先について 
   同期生を対象とし、部外者(偕行文庫、偕行社、六幼有志、先輩期有志等)
   には、病気など同期生個人のプライバシーに関わる記述が多いので配付はしない。
   しかし世話人会において交流の一助として遺族には配付したらとの指摘あり、
   追加送付することにした。
 ②同期生会・大会について
  ・11月11日(月)~12日(火)実施 8/1日に案内状を82名に発送   
   意向打診で不参加等を示した諸君にも参考として発送。
  ・訪問先の中部管区警察学校、航空自衛隊小牧基地には訪問届を提出済
  ・現在(8/14)申込:後藤、上之門、中島、佐武、榊、野村 6名
   25名は何とか確保したい 

3.その他行事について  参加要請
 ①板妻駐屯地「橘祭」  
  8月31日(土) 10:00~  各期の幹事に案内。
  現在43期・古澤、佐川、齋藤の各氏、47期・榊 参加
  なお、偕行社にも案内があり、榊が評議員でもあり理事長代理として偕行社代表、
  また元名幼会代表として併せ出席することになった。
 ②市ヶ谷慰霊祭    
  9月18日(水) 15:20~   
  慰霊祭 市ヶ谷駐屯地メモリアルゾーン
  直会  偕行社 17:00~
  参加者希望者は9/2日までに榊へ連絡のこと。現在出席予定者なし。
 ③偕行社総会     
  10月11日(金)11:00~15:00  於・アルカディア市ヶ谷
  参加者希望者は夫々郵便振込で申込。

4.その他
 ・9月定例世話人会
  日・時 9月17日(火) 12:00~15:00  後日案内。
 ・同台アートクラブ展
  H25.9.5~9.10開催  於 京橋・ギャラリーぴーた  梶君が出展。
  鑑賞 9月6日・15:00に同期有志でギャラリー参集予定。
  諸兄振るって参加されたし。

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
☆H25/7 拡大世話人会 
●平成25年7月17日(火) 
●出席者  8名
(世話人)榊、野村、今村、梶  
(同期生)井上、上之門、塩田、増岡
●於・偕行社2F談話室 12:00~15:00


1.会務
(1)会員動向
 ・西宮生徒監 先に出版の「万葉集探訪」が電子書籍化(詳細)
 ・健康状態
  新井君:脊髄梗塞は小康を得てリハビリ入院中。電話応対では元気そう
  浅井君:加齢性網膜黄斑変性がかなり進行し、日常生活に不自由を感じている模様
  萩田君・横山君:静養中
(2)入校70周年記念文集
 現在67名か寄稿済み。wordに入力終了。
 費用はA4で25~30頁。100部:¥45,000 120部:¥60,000 の見込み
 (同期生会費で支弁の予定)。 
 プリントした草稿見本により出席者一同で意見交換、若干の改善案が決まった。
 ちかじか発注する。
(3)秋期同期生総会計画骨子
 名古屋の後藤君が現地の事情を織り込んで精力的にプランをまとめ送ってくれた案を検討 。
 ・参加者見込み:30~35名  ・すべてチャーターバスで行動(ガイドは不要)
 ・11/11 
  13:00名古屋駅集合→名幼址(中部管区警察学校)→伊多波刀神社→犬山ホテル
  18:00より総会
 ・11/12 
  航空自衛隊小牧基地訪問・見学 昼食  14:00頃名古屋駅で解散
 ・経費 現地費用 ¥25,000程度

2.六幼連絡会(詳細)
(1)偕行社動向
 ○理事会(6月5日)報告  理事・松葉氏
  24年度の監査報告について   
(2)評議員会(6月15日)報告   榊氏
 ○偕行社24年度事業報告
 公益目的事業
 収益事業
 その他事業
  会員状況:25.3.31現在会員総数8,429名、24.3.31現在の9,013名に比し
  574名減。年度末の元自衛官の会員は2,117名(262名増)。平成27年末ま
  でに3,000名を目標に努力中。
  財務状況:アベノミクス効果で利息収入の増加もあり、正味財産は年度末
  12億9千205万円で昨年度の比し5,166万円の増となった。
 ○偕行社24年度会計報告―収支計算書、貸借対照表により報告
 ○規則の改定―旅費規程の改定:役員等会議出席に一律千円支給
 ○監事辞任  楢原監事(大幼48)の辞任承認
 ○評議員会議長選任 森繁弘議長の留任を承認

(3)各幼の動向
[仙台] 三神峯有志の会 (会に未加入者も含め)消息を集めている。
[東京] 9/27:東幼会総会  総会は当分続ける
[名古屋] 
 47期:入校70年の節目で行事計画:随想を募集、
    同期生大会:名古屋・観武台(11/11~12)実施予定
 48期:・旅行会:湯布院で14名参加
[大阪] 47期:入校70年記念同期会(於・大阪)15名出席―5月下旬実施
[広島] 47期:市の資料館に広幼史・熊幼47期の山口画伯の阿南大将の絵他。
[熊本] 熊幼会:東京で(現地熊本は無理で)


次回:8月14日(水)15:30 定例参拝終了後


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

☆H25/6 拡大世話人会 
●平成25年6月18日(火) 
●出席者  8名
(世話人)榊、野村、今村、梶  
(同期生)井上、上之門、増岡、山本
●於・偕行社2F談話室 12:00~15:00

1.会務
○入校70周年随想集 現在寄稿あったもの55名。しかしそのうち1/10程度が制限の
400字を大幅に超過しているので、圧縮を要請中。月末には残り30名にも改めて寄
稿依頼を行う予定。
今村寄稿の「ホームページ始末記」はホームページの状況の紹介的な性格のものと
して、巻末に付録として掲載する。
○秋の同期生会
11/11(月)~12(火)の二日間で計画。計画概略はバスでの行動することとして
11/11 名古屋駅13時集合、11日は観武臺など訪問、犬山泊。
12日は航空自衛隊小牧基地見学など
現在参加、参加可能性の意思表示をした者は30名強で、実際の参加者を30名前後
として詳細を詰め、8月には案内を出すことにする。
○偕行社評議員会 5/15
・評議員41名中37名出席
・H24年度事業報告:会員数減とこれに伴う財務困難がクローズアップされた。
前年度に比べ 9,013名→8,439名(内元幹部自衛官2,117名。3,000名が当面の
目標) 事業収入も減。

2.同期生の状況
・新井君:脊髄梗塞で5/下より入院中
・稲田君:脊髄圧迫骨折で入院
・小幡君:心臓の具合が悪く、6/20カテーテルでステント挿入手術、退院、経過良
 好
・萩田君:昨秋の心筋梗塞の手術後の療養中であったが、最近の検査で別の狭窄が発
 見され、来月に再度カテーテル手術の予定
・横山君:先般の胃全摘後一時摂食障害があったが、その後順調に回復中
・有竹君、塩田君:奥さんの介護で大変のようだが本人は元気の模様
・その他:今回の随筆集作成過程において世話人との応対を通じて、大きな手術をし
た者、何らかの障害を持つ者が多いことが分った

3.その他
次回:定例の第3火曜日に支障のある者が多く、7月17日(水)12:00よりとする

    



ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ


☆H25/5 拡大世話人会
平成25年5月21日(火) 
●出席者  6名
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)井上、山本
●於・偕行社2F談話室 12:00~14:00

1.会務
○入校70周年随想集 81名に案内を出したが、現在寄稿あったもの24名。
 装幀等は相談の結果、A4、横書き、2段、明朝体で進める
○5/15の靖国神社等の月例参拝は 榊、野村、梶、山本の4名参加。全員で約70名が参拝

2.同期生の状況
○小木君:最近自伝「加賀乙彦自伝」を集英社より発刊
○斎藤典男君:昨H12.10.18 心不全にて逝去
○小幡君:心臓の具合が悪く、さらに検査の結果次第では手術となる可能性大
○その他:増岡君、大熊君、浅井君など体調不良の様子
膝の疾患で人工膝関節への置換手術をした

3.H25年同期生会の計画
○先日名古屋で開催した場合参加の意思についてアンケートを実施した結果
 参加:17名 
 その時まで不明(参加したいとの意思を含む):12名
 参加しない:22名(体調不良が主な原因)
○時期:出席者で検討の結果、時候のよい11/11(月)からの週のウイークデイに名古屋地域で実施する線で、名古屋市地区の同期生と連絡を取りながら進めることにした
○「夏の集い」は盛夏を避けることにしてあったが、今年は秋に同期生総会を開くので取りやめることにした

4.その他
次回:6/18(火)12:00より


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

 ☆H25/4 拡大世話人会  
平成25年4月16日(火) 
●出席者  7名
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)萩田、増岡

於・偕行社2F談話室 12:00~14:00

1.会務
○会費納入状況 4/15現在63名
○入校70周年随想集 写真掲載は止め。81名に案内を出した
○板妻駐屯地創立記念式典 自衛隊より案内が来た(偕行社へも並行して案内が行った模様)ので、元名幼会各期幹事へ案内を出した。全員欠席の模様。名幼会整理金の残よりお祝いを送付。

2.同期生の状況
○萩田君:昨秋来、心筋梗塞で入院治療、退院後療養していたが回復、この日の世話人会に元気に出席。一同でお祝いを申し述べる。近々もう一度入院して血栓の有無の検査を行う由
○横山君:1月に胃がんで全摘手術、退院し療養中。食物が直接小腸に入ることによる障害に悩まされたが、一応軽減・鎮静した。
○池谷君:膝の疾患で人工膝関節への置換手術をした
○恒吉君:仄聞によれば癌と闘病中の模様
○川井君:川柳会終結後消息が途絶えがちだが、偕行誌俳句欄に毎月投句している
○大熊君:以前から「エッセークラブ」というウエブマガジンに投稿していたが、最近さらに「冥途の旅で読む本」という随筆を追加投稿を始めている(47期ホームページで紹介、リンクを設)
○川人君:最近の愛媛偕行会(石鉄会)誌に投稿
○松岡君:デイサービスを活用して元気に過ごしている模様

3.六幼連絡会 H25.3.26 
要点:(詳細)
①東幼福田氏逝去の後を受けて同東幼松葉氏が偕行社理事に選任された。六幼連絡会の司会も同氏に委任する予定で あるが、司会は当分各幼持ち回りとする
②議事の主要点 ・偕行社の模様 ・各幼の動き など

4.その他
①靖国等定例参拝:5/15(水) 47期当番
②次回:5/21(火)12:00より

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
 ☆H25/3 拡大世話人会  
●平成25年3月19日(火) 
●出席者  7名
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)井上、上之門、増岡

於・偕行社2F談話室 12:00~14:00

1.会務
●「同期生便り」の配布と同便で「住所録」の配布終了。若干の誤植あり
●H24年度会計報告
 前期からの繰越金 約130万円 次期への繰越金 約118万円。
 会費収入を考慮して今後5年間は十分やって行ける見込み
●当同期生会には特に会計監査を設けていないので、榊世話人がH8年に阿部前世話人
 から引き継いで以降の状況を報告する意味で、支出・収入を克明に記録した「会計
 帳簿」を持参して出席者一同に供覧した。(一同その努力に感謝)
●入校70周年記念
・随筆集(案)など:往復はがきで寄稿を依頼。寄稿は往復はがき返信欄記載または
 別紙で400字程度以内。
 作成・編集時の入力負荷軽減のためワープロ原稿、写真などはメール添付歓迎 
・総会:恐らく同期生会最後と思われることも考慮して計画(場所、夏を避けた時期
 など)する
●同期生会のあり方:そろそろ組織的活動の終了時期も考慮する必要があるのでは?
 →任意参加、随時集合タイプなど。首都圏は希望者が集まりやすく、情報も伝わり
 やすいが、地方は小人数・単独居住者が多く同期生情報を熱望している向きが多い
 ことも配慮が肝要

2.同期生動向
●入院・手術の諸兄
・萩田君、横山君:それぞれ経過良好で療養中、早く回復して拡大世話人
会への顔出しを楽しみにしている模様
●同期生便り送付に対しての返答
・中川君(富山):北陸在住の富山・高井、金沢・渋谷、福井・吉岡のメンバーに加えできれば西宮生徒監、希望の他地方の諸兄出席を得てで北陸
同期生会を開きたい
・大石君:歩行不全ではあるがリハビリの励み、どうやら書簡も書けるよ
うになった
・山本(良)君:以前の手術の後、残念ながら遠出不能
●近畿六幼会:佐竹君が世話人をしているが、今年で44回(3/10)の総会
を盛大に行った。名古屋在住の後藤君は以前近畿に勤務した時以来会員で
今年は出席した

3.偕行社関係
●臨時評議員会 3/16
・事業計画の審議など
・賃借スペースの検討:賃借料は収支に大きな比率をを占めるので、近く
賃借スペースのあり方を検討する委員会を発足させる
・役員はボランティアで業務に取り組んでいるが、交通費の一部を支給す
ることなった
(参考)六幼関係評議員 各期2名
 (47期)名・榊、大・丸山 (48期)広・久本、熊・小松 
 (49期)仙・小林、名・長屋

次回 4月16日(火)12:00より 偕行社談話室

  帰途駅に向かう途中、桜が咲き始めた市ヶ谷お堀端を花見をしながら帰った
     

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
 ☆H25/2 拡大世話人会  
●平成25年2月19日(火) 
●出席者  6
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)増岡、山本

於・偕行社2F談話室 12:00~14:00
 
○新年会の総括
 1月の拡大世話人会は新年会があったので中止した。
新年会は参加者が漸減でやや寂しくなったが、亀戸升本の仕出し弁当は前年に続き好評。 
○H24年度会務のまとめ
・会計:前年繰り越しを含め約140万円の規模で、年あたり約10万円減っている(年会費1,500円として会費持高を漸減させる計画にほぼ沿っている)。今年度も会費1,500円で徴収の予定。
・住所録:手作業で原稿作成、プリントして作成中
・連絡網:キーマンの状態、逝去者の削除など訂正事項を織り込んで訂正作成
上記の会計報告、住所録、連絡網を3月に同期生へ配布の予定
○入校70周年同期生会の検討
・入校70年記念と銘打って同期生会を開くとすれば組織だった大きな同期生会としては最後になろう
・開催場所:後藤君から提案のあった名古屋地区開催については、東京などに加えて小牧、犬山の地区、小牧航空自衛隊行事に合わせた見学などを吟味して検討する
・同期生近況集の作成:我が生きる目標、私の健康法、観武台生活で印象に残ったこと 等を記念小冊子に纏める→一案として往復はがきに盛り込める範囲で集める
○訃報の流し方
連絡網を通じて流していたが、扱い方に若干の混乱があるので以下のように統一する
・事前に通夜・告別式の連絡があったものは従前どおり連絡網にしたがって連絡する
・葬儀の爾後に遺族より連絡のあったもの、事前でも家族葬のもは連絡しない。この情報は年2回(例えば夏、冬)に当該期間の訃報を纏めて同期生に知らせる
○会員の動向:特段の情報なし



ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

 ☆H24/12 拡大世話人会  
●平成24年12月18日(火) 
●出席者  6
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)井上、増岡

於・偕行社2F談話室 12:00~14:00
1.会務・同期生動向
(1)会務
 ①住所録:整備中。一部に夫人などの家族の名前も入れたらとの意見もあった 
 ②来年は入校70周年
 70年に相応しい企画を考えたい。観武台訪問を含めて名古屋地区での会合はすぐ
 思いつくが、また文集のようなものなどいずれも負担になることは無理であろう。
 例えば、単なる近況報告を超えて、最近の写真入りで共通の項目への答えなどを入
 れるなど充実したもの考えられる。新年会、次回世話人会などで討論することにした。
 ③東幼47期福田一彌氏(偕行社副理事長)葬儀への供花:10月22日護国寺での告別式
  に六幼会から供花を行った

(2)動向
 ●萩田君:11月に心筋梗塞で緊急入院、適切な処置により無事退院。その後順調  に養生・リハビリに励んでいる。

2.行事
 ◎新年懇親会 1/22(火)12:00より偕行社にて開催。首都圏同期生51名に案内
  現在申込み数13名:浅井、有竹、池田、磯見、井上、今村、上之門、梶、榊、
           鈴木、野村、増岡、山本

3.その他
 ◎偕行社関係
  12/1 運営委員会合同会議
  12/22 臨時評議委員会
 ◎六幼連絡会 12/25 

次回 2月19日(火)12:00より 偕行社談話室(1月は新年会開催につき休止)



ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ


 ☆H24/11 拡大世話人会  
平成24年11月20日(火) 
●出席者  6名
(世話人)榊、野村、今村  (同期生)井上、増岡、横山

於・偕行社2F談話室 12:00~14:00

1.会務・同期生動向
(1)会務
 ①収入:前期からの繰り越し1,314千円に今期年会費等を加え 1,432千円
  支出:経常経費等支出173千円で、次期への繰り越し 1,259千円
     支出内容の特徴は、慶弔約6万円、名幼会預り金支出2万円など
 同期生会会費は蓄積を漸減するということで¥1,500にしたが、支出約17万
 で妥当な漸減となっている。来年度同期生会費も同様に¥1,500 としたい
 ②同期生名簿改定
  名簿を改め提示原案のように簡単な住所録として発刊する。恐らく氏名等
  を纏めたものはこれが最後の発行になると思われる。なお細部を点検して
  H25年早々同期生に配布予定。
(2)動向
 ●極く最近(H24.10.28)土屋一幸君逝去
  これで記録に残る同期生物故者は86名、消息不明6名、応答なし6名を差
  引連絡の取れる同期生は82名
 ●萩田君:先日心筋梗塞で緊急入院、カテーテルにより血腫除去、無事退院
  した。当分養生に努める模様
 ●川井君:川柳終結後、やもめ暮らしで家事が忙しい模様。会合にも顔を見
  せないことが多い
 
2.行事
 ◎新年懇親会 1/22(火)12:00より偕行社にて開催。
 ◎入校70周年記念同期生会:そろそろ良い案を募り、良い計画を作りたい

次回 12月18日(火)12:00より 偕行社談話室


ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ

 ☆H24/10 拡大世話人会   平成24年10月23日(火) 
●出席者  9名
(世話人)榊、野村、梶  (同期生)井上、上之門、萩田、増岡、山本、横山

於・偕行社2F談話室 12:00~14:00
1.会務・同期生動向
(1)会務
 ①同期生会会計の状況(9月末現在)概要
  収支残 1,252千円
   内訳 定期預金:(ゆうちょBK) 500千円
      普通預金: ( 〃 )   725千円(内37千...旧名幼会分)
  支出  経常費166千円 旧名幼会:板妻「橘祭」奉祝金20千円を含む・
 ②同期生名簿改定
  住所録として改編し 試案を各位に配布、検討依頼
  大筋諒解。なお種々意見、訂正個所指摘等あり、持ち帰りなお検討し意見を代表
  世話人宛連絡要請。集約してH25年早々同期生に配布予定。
 ③同期生連絡網
  先に配布以降異動も多く、住所録に合わせ改訂「連絡網」を配付する。
  素案見本を出席者に配付。試案に異議なしで②とともに配付する。
(2)同期生動向
 ・中島龍明君:介護付老人ホーム「ふるさと舞松原」―福岡市東区―夫婦で8月入居
  電話は自宅番号を踏襲 
 ・武内 斎君:脳梗塞の後遺症治療のため週2回リハビリ通院中
 ・松岡昭典君:夫人も要介護、デイサービス利用。仲間も増え特に画の上手な97歳翁
  の描く線画の十二神将像の色付けをして手助けをしている。また施設のカレンダー
  など製作し楽しく過ごしている。
 ・福地良輔君:夏に3日間輸血入院した。脊髄膜炎、肺結核、高血圧、前立腺がんなど
  多病を抱えているが、最近多くなった同期諸兄の訃報を聞くたびに頑張らねばと思っ
  ている。
 ・砂金夫人:入院中と子息から連絡あり。
 ・新井 武君:夫人と息女を亡くしたが、元気に過ごしている。
 ・東幼47期・福田一彌君:10月17日 急逝 胸部大動脈解離 
   ・通夜10月21日 ・告別式10月22日  共に於・護国寺
  同君は永らく六幼会のまとめ役としてまた偕行社理事長など貢献大、名幼代表で
  榊が弔問。六幼会として生花一対を献花。-費用は各幼分担―

2.行事(偕行社)
 ①六幼連絡会 9/25
 ②偕行社文化祭  10/31~11/2  有志に出展を依頼
 ③偕行社総会   10月12日(金) 
  於・グランドヒル市ヶ谷 後藤(愛知偕行会長)、榊出席
 ④偕行社:財務委員会 本10月23日 15:00~ 
  H24年度財務運用状況、25年度予算(案)策定 
  偕行社評議員として榊出席
  従って世話人会(拡大)開始時間を繰り上げた。変更協力に感謝。

3.同期生会について
 ①入校七十周年記念行事
  年間の同期生会合は「夏の集い」、「新年懇親会」であるが、来年は入校70周
  年を迎える記念として特別行事を企画したい。
    ・時期 夏の集いに合せる。あるいは初夏、秋に
    ・場所 名古屋(旧名幼校・観武台訪問)でどうか。
    ・その他 記念文集の発行など
  等々意見あり。記念行事としては文集発行で同期会は通常行事にするか、記念同
  期生会と併せ、同期再会行事も併行実施するか等々、次回まで検討し案あれば
  持ち寄ることにした。
 ②平成25年の新年懇親会
  偕行社:会議室とする。
  場所については、新春会合でもありホテル(グランドヒル市ヶ谷、アルカディヤ
  市ヶ谷他)ではとの提案もあったが、実態は新年初顔合わせ、懇親主体となるので
  集まり易い"偕行社"で良いとの意見が多数。今年の新年懇親会の会席弁当の評判が
  よかったとの感想多し。日時は1月中旬以降を予定。
 ③同期生会に夫人同伴の勧奨と故人夫人を招くことも今後考えようとのこと。

 以上
 ※次回 11月22日(火) 12:00~  昼食は各自自弁。



ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ


 ☆H24/9 拡大世話人会  
●平成24年9月19日(水)
 
●出席者  5名
(世話人)榊、野村、梶  (同期生)井上、増岡

於・偕行社2F談話室 15:10~16:30

 当日は、奇数期:幼47期・自Aの靖國神社他の月例参拝日で、参拝後六幼47期会を
 開催予定のところ、参加者少なく中止、名幼47期世話人(拡大)会に切り替えた。


1.会務・同期生動向
1)会務
 ①8/27日実施:「同期生会―夏の集い」報告
  ・趣向を変えたが 大変好評だった。後日参加の諸兄から感謝の礼状が多々
   届き(電話、メール、はがきで)主催世話人として安堵・感謝。

  ・ただ、猛暑日のせいでもあったか、暑さに参った諸兄もいたようで、夏の
   集い・同期生会の時期などにつき意見も寄せられた。
  ・収支に不足金(12,197円)が生じたが、47期会計に余裕があるので 一般
   会計から補填。
  ・当日の様子はホームページに掲載。
 ②市ヶ谷慰霊祭・9/12(水)   榊 参列

   参加予定の増岡君、西宮さんは都合により不参加
 ③有志同好会等
  ・同台アートクラブ展:9/6~9/11まで日本橋で開催、梶君出展
   9/10 井上、山本、榊が 鑑賞。
  ・句即快乃会は6月をもって解散したが、印刷既刊の句集4巻以降の句を纏め
   第5集として編集しWeb上(47期ホームページ)で紹介(印刷しない)。


2)同期生動向
 ①岡村和夫君逝去(既報):介護老人ホーム(ニチイ船橋)に入居中のところ
   H24.9.6逝去。
「偲ぶ会」等は同期生関係では前例もないので行わない。
 ②動向
  ・前島君…最近足腰が痛むことが多くなった。
  ・有竹君…夏期は富士見高原の別荘に滞在。
夫人が足が悪く近く手術。
  
・萩田君…相変わらず足不調
  ・水越君…当日胃カメラのため欠。
  ・山本君…障害を持つ身になったー詳細不明-。

  
・亀田君…最近体力減退した。
  ・松本君…当日所用。
   以上は 靖國他月次参拝の出欠照会の回答から
   照会:首都圏在住32名に往復はがきで出欠を照会、無回答6名。


(3)同期生名簿の作成(最後になろう) サンプル(未完・未訂正のもの)回覧

  ・住所録として作成  趣味、経歴は入れない。
  ・生徒監・班長欄を除き入校時の五十音順
  ・氏名―下覧に出身中学 語学斑ー訓育班移動表示 
      〒・住所-下覧にメールアドレス・電話
   物故者は氏名に下線を引き、摘要欄に逝去年月日、遺族名。
  ※次回世話人会に正式なサンプルを作製、配付して出席者に検討を願う。


2.その他 
  ・偕行社総会  10/12(金)  後藤(愛知偕行会・会長)、榊出席
  ・六幼連絡会  9/15(火) 14:00~  榊出席
  ・偕行社財務委員会  10/23(火)15:00~ 榊(評議員)出席

 次回世話人会
  10月23日(火) 12:00~14:30  出席者は偕行社メニューで昼食
  恒例の第3(火)は榊世話人が10/16~17が都合で欠のため延期変更。
                                    以上



 ☆H24/7 拡大世話人会   平成24年7月14日(火) 
●出席者  6名
(世話人)榊、野村、梶  (同期生)増岡、横山
山本
於・偕行社2F談話室 13:30~15:30

1.会務・同期生動向
(1)会務 
 ①同期生会「夏の集い」について
 ・参加申込み現況(7/17現在)
 同伴:石川夫妻、磯見夫妻、今村夫妻、中原夫妻              8名 
 単身:井上、上之門、梶、榊、塩田、恒吉、中北、野村、萩田、山本、横山 11名
  註・参加者数が今一歩、同期諸氏に出席方勧奨されたし。
 ・同期生会当日の運営について
  運営要領作成を世話人に配付し、懇談主体の趣旨に沿い検討依頼。
 ②偕行社会報「偕行」別冊:花だよりに執筆の増岡君に感謝。
 ③自衛隊板妻駐屯地「橘祭」について
  8/25(土)10:00 開催 旧名幼会幹事に元名幼会の事務を引き継いだ在校期
  最年長47期の世話人名で情報として各期あて通知、出席希望あれば申し出るよう
  依頼中。47期諸氏で希望あれば申し出依頼した。
 ④六幼47期生会開催と9月期世話人(拡大)会について
  9/19は幼年校47期の靖國神社他月次参拝であり、9月世話人会を当日15:30か
  らと前回決めたが、去る6月28日の六幼連絡会で六幼47期会を、9/19靖國他参拝
  行事後 15:30から開催することになった。
 ・上記を踏まえわが47期の9月世話人会について。
  8月は「夏の集い:同期生会」のため中止ときめたが、9月は議題的に夏の集いの
  総括以外に急ぐ案件でもないので、9月は未だ残暑厳しい時期であるので休会とする
  ことに決めた。
 ・以上の世話人会の10月へ繰り延べ、9月の月次靖國神社他参拝、ならびに六幼47期会
  への参加について別途、首都圏在同期諸氏に報復はがきで照会する。-8月上~中旬
(2)同期生動向
 ・川井君:句即快乃会解散後意欲消沈か、夏の集い不参、世話人会も欠で心配。
 ・萩田君:今日の世話人会はは年1回の超音波検査日のため欠。名簿は行政区画の変動
  もあり改訂を望む。連絡網は現状支障ない。
 ・大石君:丁寧な同期生会不参の挨拶状を受信。
 ・松本義人、小木貞孝、財津直人他 動向不明。
 ・浅井君:故河合班長子息からの寄せ書き帖を預かり世話人に送ってきたが、世話人
  手持ちのものと同じ何で返却したので、本人としての適切に処理をする由。

2.六幼連絡会報告(6/27)
 ・主として偕行社の動き―於偕行社 
  副理事長:本会纏め役・東幼・福田一彌君から
  6/16の定時評議員会報告内容は前回の世話人会で報告済のため省略。
 ・偕行社主催:安保研・近現代史研のご参加をありたし。
  6/26の安保保障問題講座「中国の空母・潜水艦・ミサイルの脅威と日米の対応」は
  50名近くが聴講、現職自衛官も多数聴講したとの由。
 ・靖國神社みたままつり7/14、市ヶ谷慰霊祭9/12 に参加を。
 ・月例参拝 7/18:48期  8/22:49期  9/19:47期
 ・各期の報告 47期だけに省略
    仙台:三神峯有志会・4/17に三神峯公園参集(30名)
    東京:入校時183名 物故者65名 退会16名 消息不明2名
    名古屋:入校時180名 物故者84名 消息不明6名 音信なし6名
    大阪:入校時185名 物故者90名 不明10名 各地区で会合を持つ。
    広島:入校時182名 物故者86名 不明4名
    熊本:高橋委員欠で発表なし。
  次回 9月25日(火) 14:00開催
  ※ 会議後47期のみで打合せー
    六幼47期会を 9/19:靖國神社月次参拝後に開催を決めた。
    時間:15:00~ 会費:2,500円 
    講師(スピーチ)依頼、謝礼1万(選任など東京:福田氏に一任)                          
3.その他
(1)同期生名簿改定、連絡網について
 ①同期生名簿
  平成15年判(現在)以降行政区域の変更、会員の物故等あり、最後となるが改訂
  を考慮中であるが 
      ・ 死亡者も入れる―遺族名.住所 
      ・ 経歴.趣味は入れない  など
  以上をさらに検討し 追って作業にかかる。
 ②連絡網
 現在の連絡網では、物故者は連絡の最終受理であり、特に支障はない。追って
 改訂の要ある際に訂正処理することにして 現状踏襲。
  註 現在の連絡網で物故した諸君名に抹消線引きしたものを(世話人会当日出席者
    に配布)添付。
(2)今後の行事について
 ①9月世話人会 10月に順延 (10/16 予定)
 ②・9月月次靖國神社他月次参拝 9月19日(火)
  ・六幼47期会  上記日 参拝後 15:30 偕行社3F会議室 
  首都圏在住諸君中心に 8月初旬以降に 参加の可否を「往復はがき」で照会する。
 ③市ヶ谷慰霊祭 9月12日(水)15:20 アルカデイア市ヶ谷集合。出席希望者は
  世話人へ
「夏の集い」に参加の未申込諸氏に勧誘して欲しいと世話人からの要望があり散会した。
                                    以 上
 

 ページ先頭へ                                        

 ☆H24/6 拡大世話人会   平成24年6月20日(水) 
●出席者  6名
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)増岡、横山

於・偕行社2F談話室 15:30~17:00(靖国等定例参拝後) 
1. 会務、同期生動向
①「夏の集い」の出席申し出状況(本日の世話人会での申し出者を含む)
・夫人同伴:石川、磯見、中原、今村、増岡
・単独:上之門、榊、恒吉、横山、井上、梶、野村      17名
②同期生の状況(5/17の尾崎君逝去の時点)
 連絡可能者:84名
 物故者:84名(判明のもの) 
 音信一方通行:6名(青田、有井、飯田、野末、小木、松田
 消息不明:6名(大塚、高橋、町田、野本、増田、渡邊
③板妻駐屯地創立50周年記念式典(榊出席)
 広報資料室の名幼関係資料は大変良好に管理されている。
「陳列資料目録」H24.6.3現在
◎現物資料
・名幼校史 
・写真帖 名古屋陸軍幼年学校廃校時写真帖(大正12年3月)
     名古屋陸軍幼年学校第四十七期生写真帖
・日露戦役:十七烈士顕彰記念帖 ・名古屋陸軍幼年学校生徒心得
・昭和十八年度:陸軍豫科士官学校・陸軍幼年学校生徒志願心得
・「たちばな」合本(第一巻、第二巻、第三巻)
・歴代学校長写真(鈴木鐵三校長、江藤第四郎校長、人見順士校長)
・鈴木鐵三校長の近衛歩兵連隊長時代・靖国神社参拝騎乗写真
・終戦離校時:山名義郎生徒監への寄書 47期第二訓育班
・昭和十八年四月:第四十七期生入校式写真
・在学証明書:離校時交付 ・軍隊手帳:野村亨 
・将校生徒帯革:二三四長治
・「堅志力行」の書:鈴木鐵三少将閣下・比島へ出征に際しての直筆

◎図書資料
・「観武臺」:名古屋陸軍幼年学校第四十七期生入校五十周年記念文集
・「純直」:名古屋陸軍幼年学校第四十八期生記念文集(還暦、古希・喜寿)
・「星の生徒」:山中峯太郎
・「陸軍幼年学校の生活」今村文英
・「帰らざる夏の思い出」:名幼四十七期・三訓
・「統率」大橋武夫
・一億人の昭和史「陸士・陸幼」:毎日新聞社
・「承詔必謹」:
・軍歌集「雄叫」:偕行社
 

2.偕行社評議員会 6/16
◎ 23年度:事業報告
①公益目的事業として 
・慰霊・援護(靖國神社、千鳥ヶ淵墓苑、自衛隊殉職者慰霊碑参拝)の実施 
・安全保障に関する研究、提言助言実施 
②収益事業として 
・集会施設の運営  
・図書(偕行、雄叫)の販売など、今後収益の拡大を図る。
なおH24.3.31現在の会員数は9,141名、うち元幹部自衛官会員は1,855名で25年度末3,000名体制を確立予定。

◎23年度収支報告
資産が前期22年度に比し約23,000千円減少。23年度末資産は1,265,000千円 
年度の収支は、収入93,530千円、支出113,930千円、差引20,400千円の支出超過

◎その他
「偕行社安全保障問題講座「近代史研究会」などに盛大に参加されたし

3.その他
◎今後の拡大世話人会の開催
 川柳会が終了したので、毎月第3火曜日13:30からとする。ただし靖国定例参拝の当番月は、第3水曜日の参拝終了後(15:30頃)とする
◎六幼連絡会6/28(木)14:00 開催の予定



 ☆H24/5 拡大世話人会   平成24年5月15日(火) 
●出席者  8名
(世話人)榊、野村、梶  (同期生)井上、川井、萩田、横山、山本

於・偕行社2F談話室 15:30~17:00 

1. 会務、同期生動向
会務
①24年度同期生会会費納入状況  対象85名中78名納入済み
珍しく 松田博君(昨年度より)、原田茂郎より納入あり。介護施設入居中の尾崎岡村
両君からも納入あり

②会の会計状況:現在の運営資金 普通預金―1,380千円  定期預金―500千円
何れも ゆうちょ銀行

③板妻駐屯地創立記念式典(50周年)が6/3日開催、元名幼会として榊が出席。
④偕行社財務委員会報告:榊(評議員):H23年度収支報告
・会館運営   △17,960千円 今後の偕行社運営上の重要な課題
・全体の収支状況 
 収入:94,188千円 支出:117,826千円 差引:△23,708千円 
 前期繰越資産 1,263,996千円  期末 1,240,358千円 
 資産は年々逓減している

・会員の状況(24/3末)
 正会員  6,363名 -147名   家族会員 1,598名 -32名
 賛助会員    17名                  準会員   916名 -274名
 法人会員    30名  -2名    計    9,044名 -736名

・偕行社評議員は即靖國神社崇敬奉賛会評議員となるとのこと。

●同期生動向

 ・岡村君:介護老人ホーム:「ニチイホ―ム千歳船橋」に入居中。
  4/24見舞。
夫人、子息が同席、嬉しかったのか珍しく喋ったと夫人のお話
  訪問者―今村、梶、川井、上之門、野村、榊
 ・大熊君、釜井君は今の所会費納入もなく消息不明
 ・野村君から報告:釜井君は肝臓がんで治療中の由。また5/18福岡で武内、小幡、
  中島君と会合の予定、その際夏の集い参加を勧誘する。

●靖國神社、千鳥ヶ淵墓苑、自衛隊殉職者慰霊碑6月次参拝6/20(水):47期担当
 月次参拝予定者:梶、野村、横山、榊(後日増岡、今村追加)
●当初予定の6/19の6月の世話人会例会は6/20に繰り下げ同日15:30より開催する。
 
2.同期生会「夏の集い」について
 例年と同じく8/27開催、趣向を変え屋形船で東京湾・隅田川河口を遊覧(お台場,
 スカイツリー遠望)、懇談会食する

※利用屋形船:適当な候補があり、4/24岡村君の見舞の帰路に今村、梶、川井、榊で下見
―「大江戸」―し、予約と思ったが、良さそうな別の業者ありとの情報があり、5/14に
梶、榊で再調査し―「船清(ふなせい)http://www.funasei.com/ 」―に仮予約した。
その理由は、乗下船の階段が広く、手すりもあり、足腰が弱っているごメンバーも多く、
安全面で前の「大江戸」より優れているので、若干値が嵩むが下記で決めることにした。

 ・実施日 平成24年8月27日
 ・場 所 屋形船回遊・懇談
  ☞集合―屋形船清待合室12:00 出発12:30~15:00
 ・費用=@9000円 同伴7000円
    (昼限定屋形船コース―7350円+飲物1250円=8600円

  ☞普通は時間は1.5時間コースで延長1時間=@1050円+になるが、延長時間分は
   サービスと。 屋形船掘りこたつ形式で
ゆっくり会食、懇談できる。
  ☞コース お台場~永代橋折り返し(スカイツリー遠望)
  ☞アクセス JR・京急:品川STから徒歩約12分
。足の悪い人 品川STよりタクシー。
5月下旬をメドに 案内状(地図、パンフ同封)出状。事前振込即参加申込

3.今後の同期生会
 来年は名幼入校七十周年。記念行事を考えたい。各位検討を。
 

4.その他
・同期生住所録再版:手刷りで作業を始める。
・図書推薦 
 ♢「ビルマの名将」櫻井省三(名幼7期)
 上条 彰著 戦史刊行会H4
 ♢「指揮官の決断:満州・アッツの将軍」樋口季一郎(大幼6期) 
  早坂 隆著 文春新書刊  

                                 以 上


 ☆H24/4 拡大世話人会   平成24年4月17日(火) 
●出席者  9名
(世話人)榊、野村、今村、梶  (同期生)井上、上之門、萩田、増岡、横山

於・偕行社2F談話室 15:30~17:00 
●会務
H24°会費収納状況 納入案内発送84名に対し目下68名より収納

●同期生動向
・田村君:最近眼を悪くして悪戦苦闘中
・山本寛君:膝関節悪化により手術により金属関節を装着し療養中
・川人君:愛媛偕行会会報「石鉄会報」最近号に「我が家の『坂の上』」を
 発表(詳細)
・小木君:3年前に夫人を亡くし、本人も昨年心臓の疾患で九死に一生を得たが
(毎日H24.1上旬)、文筆活動は継続中。最近はNHKラジオ深夜便出演、また中央公論
 H24.5月号に「大震災と一信徒の祈り」の一文を発表。「帰らざる夏」を発表以来文
壇に登場したが、何度も名幼に在校したこと引用、戦時中の思想・指導への批判に使っ
ているのは聊か残念である。

●出来事(それぞれHP記載欄を参照のこと)
山本卓眞会長お別れの会 3/9 帝国ホテルにて
六幼連絡会 3/27



 
 H24/3 拡大世話人会   平成24年3月21日(水) 
●出席者  7名
(世話人)榊 野村 今村 梶  (同期生)萩田 横山

於・偕行社2F談話室 15:30~17:00 
1.会務、同期生動向
●同期生動向
・岡村君:パーキンソン病が進行し起居が不自由になったので、昨年末に介護施設に入所
・野村君報告
 福岡付近在住の同期生:元気なのは中島、武内、小幡の3君。飯田、堀之内の両君は音信なし
 熊本付近の同期生:稲田君は健康を損ねている模様。えびのの山之口君は元気


●山本卓眞元名幼会会長(43期)のお別れの会
 平成24.3.9(金) 帝国ホテル
 山本前会長にはさる1月17日、肺炎で逝去され、3月9日(金)正午から帝国ホテル・孔雀の間 にて「お別れの会」が富士通主催で開かれた。政財界を始め、偕行社などの各団体などの関係者が多数が哀悼の意を表した。旧名幼会関係では西宮生徒監、また同期の43期を始め各期有志が参会し、47期は榊、野村、今村、梶、増岡、横山の6名が参列した。生憎の朝からの雨の日であったが、大変な人数の参列者で我々一同も謹んで献花してお別れをしてきた。(詳細)

2.本年度同期会行事
●夏の集い
 8/27頃に計画したいが、現在場所、方法等白紙であるので諸兄からの提案待ちの状態
●入校70周年
 明年は入校70周年になるが特に大会を行うことも考えられるが如何?

3.偕行社関係
●評議員会 3/17(土)
・議案:・24年度偕行社事業計画案 ・24年度収支予算案 ・新理事選任  を審議。 
・出席者:評議員、理事等57名
・議事模様
 「事業計画」 公益目的事業:①慰霊・援護事業で 靖國神社、市ヶ谷慰霊祭、慰霊顕彰等 ②安全保障に関する研究と提言として部外研究者との交流、憲法問題の提言、研究会の活発化 ③広報活動
 ④将来態勢充実として元幹部自衛官の入会促進 ⑤偕行社会館運営 等の提案を審議可決。
 「24年度収支予算」 23年度予算実績が収支差額マイナス15,340千円(繰越残で充当)、24年度予算案では収支差額は辛うじて329千円の黒字となるが、会館事業を積極化、入会者促進等事業計画の進捗を期待することとして案可決。
 「新理事選任」 新理事選任:大越兼行氏(陸自63)・総務委員長、柳澤壽昭氏(陸自69)・入会促進特別委員長を推薦承認。

●各種シンポジュウムなど
 平成24年度の安全保障研究会(第24回~第28回)及び現代史研究会(第42回~第46回)の実施予定

●六幼連絡会 3/27開催の予定

 4.その他
 ●萩田君コピー配布
  朝日新聞掲載「昭和史探訪」 昭和19年12月7日 昭和東南海地震
 ・・・・S19.12.7 PM1:35頃発生のマグニチュード7.9の大地震と大津波。被害は戦時中なので極端に伏せられた。・・・・・

ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ
 
 ☆H24/2 拡大世話人会   平成24年2月15日(水) 
●出席者  5名
(世話人)榊 梶 野村  (同期生)増岡 横山

於・偕行社2F談話室 15:30~17:00 靖國神社他月例参拝(47期当番期)後開催

1.  会務、同期生動向 
  ●会務 23年度同期生会会計報告(仮締め)
3月中旬に23年度の同期生会会計報告に合わせ、24年度同期生会年会費納入依頼を「同期生会だより」とともに会員各位に送付する。
23年度同期生会会計の仮締めながら、出席各位に決算報告書(案)を説明し出席世話人の諒承を得た。骨子は以下
収入約160万円(内年会費14.5万円 前期繰越金約140万円 旧名幼会分約10万円)
支出約34万円(内経常費約27万円 次期繰越金約134万円 旧名幼会分約5万円)
留意点として会費収入14.5万円に対し最終的に経常費約29万円前後と、経常費だけでも約14.5万円強の大幅なマイナスとなる。これは昨年年会費半減(3000円→1500円)の際、今後5年程度はマイナス分を繰越残で賄うことは予想していたことでもある。
よって24年度会費は@1,500円を継続することで、(今年度以降慶弔(主として弔)費の増加が予想されるが)諒承を得た。
     
●山本卓眞元名幼会会長(43期)逝去
昨年12月4日自宅で脳溢血で倒れ入院療養中であったが、1月17日に肺炎で逝去86歳。葬儀は近親者で済まし、お別れの会を富士通㈱主催で3/9に東京・帝国ホテル2F:孔雀の間で(12:00~13:00)開催。
旧名幼会としては組織としての対応が出来ないので、本お別れ会で追悼の意を表することにした。元名幼会幹事他に、元名幼会の事務局担当の47期が中心になって連絡した。
47期として代表が参列するが、斎行時間帯の後半がよいとの主催者の助言でもあり、12:30に帝国ホテル日比谷公園側玄関ロビーに集合することにした。参集者予定者:梶 野村 増岡 横山 榊。他希望者はどうぞ時間にお集まりを乞う。
備考:偕行社としては特別に追悼行事行わず。会報で追悼特集記事を予定している。
    
●同期生動向
・大熊君:腰部狭窄症で歩行困難、夫人も病臥中とのこと。
・池谷君:同君から「静岡すこやか長寿祭美術展に書道の部で入選し、その喜びを入選書のコピーでえ伝えたい」と世話人に書面あり。名幼時代によく吟詠した藤田東湖の詩「正気の歌」書は、闊達な筆運びに気魄が迸りKDの意気込みが感ぜられる秀作である。-同書のコピーを配付した―
・松岡君:体調回復基調にある。生協の委託配送の夕食弁当を利用している。高齢者利用者第1号として高知新聞に紹介された。今村君にメール連絡があり、その様子を榊世話人から解説。
・隠岐君:逝去 2/1訃報連絡の通り。地方の名士でもあり葬儀委員長を設け盛大な葬儀。47期会から生花と香典。
・小幡君:野村世話人から47期「ホームページ」の話を聞き、開いてみて大変懐かしくこれからも楽しみだと連絡があった。と報告あり。
・48期:寺門龍三氏が新年「歌会始め」に入選に対し47期として祝電を打ったが、丁重なお礼のメールあり(1/12当日の模様、天皇陛下よりの贈物、賜饌の写真を添え)。

 2.  弔事について
   同期生弔事の際の対応について若干曖昧な点があったので再度検討し、以下で決定した。
本件に関してはさきに同期生の逝去など弔事につき対応を決めたが一部曖昧なところがあったので、改めて対処方針を審議した。今後は以下で運用する。
★逝去の報とともに葬儀(通夜、告別式)日程の連絡があった場合 
 生花・香典(お悔やみ状とともに)を霊前に供える。原則 
 ただ、その地の習慣等を勘案、ケースバイケースで世話人代表に一任。
★最近多くなっている近親者のみの家族葬などの後に逝去通知を受けた場合
 香典(お悔やみ状とともに)。
★何れの場合にも弔電は打たない。

 3.  本年度同期会行事
  「夏の集い」は実施する予定  
ただ、お互い老体になっており、特に歩行困難の諸氏も多くなり、会場など今後の運営に ついて引き続き協議し方向付けしたい。
去年は「屋形船遊覧」が諸般の事情で取り止め懇談企画になった。が、本年はスカイツリー、新しく完成の隅田川新橋めぐりなどどうかとの意見あり。
バス利用、屋形船利用など考えられるが、前記のご老体対策などあり、まだ時間があるのでアイデア-時期、場所、イベント等-あれば提案を。
    
 4.  その他
   ●大東亜戦争開戦70周年シンポジウム参加の案内
 大東亜戦争とは何だったのか。-開戦経緯を中心に― 
 2月24日 於・国士舘大学世田谷キャンパス梅ケ丘校舎 13:00~17:00
 時間その他OB諸氏の参加勧誘を!
●朝鮮系有名人について:参考-資料:増岡君提供のもののコピー-
 メディア界、宗教界、政界 等 

               
                                     


☆H24/1拡大世話人会  同期生新年懇親会開催につき中止
ページ先頭へ
「お知らせ」のページへ